スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法律相談について

  • 2013/01/31 19:16
  • Category: 日記
今日は、午前中は立川で法律相談でした。多い時は週2くらいで、法律相談、裁判等で立川に行ってます。

法律相談は、弁護士になりたての頃は、知らないことを聞かれて答えられずに失望されるのではないかと怖かったんですが、さすがに大分慣れました。

相談者は、弁護士は、法律のことなら何でも知っていると思って色々と聞いてきます。しかし、私が知っていることは限られているので、聞かれたことで答えられないことも多くあります。基本的なことであったり、たまたま知っていることであれば、アドバイスできますが、そうではない場合にどうするかが問題です。

以下、法律相談について、思ったことを箇条書きにしてみます。

(1)基本的な知識・経験から推測してアドバイスすること
基本的な知識とは有名な判例・条文・実務の慣習のことです。確実な部分について分かりやすく説明し、この場合、これと似ているとか、こういうとこが違うので、こうなるんじゃないのかと説明します。

(2)正確にアドバイスするために、調べてから回答したいと言うこと
自信のない感じで言うと相談者に不安を与えるだけなので、当然のように自信を持って言うべきです。事務所の法律相談では、あとで電話で補充することもあります。

(3)話をよく聞いて共感すること
話を聞くことは、積極的にアドバイスすることより重要です。法律相談の時間比率でいえば、8割程度は話を聞く時間です。法律相談は総合的な評価なので、この部分で相談者に好評価を得られるようにします。どう考えても、共感できないことを話す相談者もいますが、そのような場合でも根気強く聞き出し、共感します。

(4)予習をすること
例えば、弁護士会の法律相談では、相談担当日の前日に法律相談センターに電話をして、明日予約のある相談内容を聞くと、簡単な内容を教えてもらえることがあります。事務所の相談では、電話予約の際に概要を聞いたり、関係書類をFAXで送ってもらい、予習をしておきます。予習は大事です。

もっといいアドバイスができたのにと後で思い付いて、「あー」と声がもれることもありますが、後悔してもあまり意味はないので、将来に向けて最善を尽くします。


↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
↑↑ランキングに参加してます。1日1クリックお願いします!
スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

fujimoto

Author:fujimoto
弁護士の藤元達弥です。
東京都新宿区にある藤元法律事務所の代表弁護士をしています。
刑事事件、外国人に関する法律問題、交通事故、離婚、相続、債務整理、消費者問題、企業法務、不動産関係、債権回収など、多様な案件を取り扱っています。

藤元法律事務所
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-4-1
新宿Qフラットビル801(新宿御苑前駅から徒歩5分)
TEL 03-5925-8173
FAX 03-5925-8174
法律相談の電話予約受付中。
お気軽にご相談ください!

アクセスカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。