スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年の難民認定数

先日、法務省から2012年の難民認定数が発表されました。

難民申請数は、過去最多の2525人でしたが、難民認定数は18人にとどまったということです。18人の中には、裁判で難民不認定処分を取り消された結果、認定された者も含まれています。また認定者のうち、15人はミャンマー出身の人です。

突っ込みどころはたくさんありますが、要するに、法務省には、難民認定をするつもりはないということだと思います。難民認定数を増やすと、認定した難民の生活を国が支えていかなければならないことや、さらに多くの難民が日本にやって来ることにより、国の経済的負担が増えることを危惧しているのだと思います。

しかし、色々と面倒な書類を提出させて、事情の聞き取りとかをした結果、供述の矛盾点やその他不合理な点を見つけ出して、報告書にまとめて不認定にするだけの作業に何の意味があるんでしょうか。弁護士として、苦労をして、依頼者にも苦労をさせた挙句、不認定の結果だった時の落ち込んだ顔を見るのはつらいです。

そもそも、奇跡的に難民認定を得ても、日本人と同じような地位が保障されるだけですからね。生まれながらに、安全で社会保障の整った豊かな国で生活する権利を持っている僕たちは、どれだけ恵まれた立場にいるんだろうといつも考えます。


↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
↑↑ランキングに参加してます。1日1クリックお願いします!
スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

fujimoto

Author:fujimoto
弁護士の藤元達弥です。
東京都新宿区にある藤元法律事務所の代表弁護士をしています。
刑事事件、外国人に関する法律問題、交通事故、離婚、相続、債務整理、消費者問題、企業法務、不動産関係、債権回収など、多様な案件を取り扱っています。

藤元法律事務所
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-4-1
新宿Qフラットビル801(新宿御苑前駅から徒歩5分)
TEL 03-5925-8173
FAX 03-5925-8174
法律相談の電話予約受付中。
お気軽にご相談ください!

アクセスカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。