スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

約束

  • 2013/03/04 22:34
  • Category: 日記
先週、映画「約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯」を観に行って来ました。

殺人事件で死刑判決(1審は無罪、2審で死刑判決、その後最高裁が上告を棄却し、死刑判決が確定)を受けた死刑囚の話です。冤罪を訴えていますが、事件が起こったのは50年以上前で、すでに死刑囚は86歳になっています。

映画は冤罪であることを伝えたいことから、客観的な見地に立ちきれていない部分があり、わざとらしさを感じる部分がありました。
また、僕は、実際に事件の記録や証拠を検討していないので、冤罪か否かについては、映画で観た事実だけからは何ともいえません。
しかし、司法(を含む国家)の不合理さがリアルに表現された良い映画でした。

役者が演じる部分とドキュメンタリーの映像が織り交ぜられて物語は進んでいくのですが、特にドキュメンタリーの部分が良かったです。
裁判所の不当な判断が続き、これに対して弁護士が声を震わせて憤っていたりする場面は、僕も同じような場面に出くわすことがあり、共感できました。
最後には、事件関係者も亡くなって、誰もいなくなっていきます。

ちなみに、観に来ていた人の年齢層がとても高かったのですが、若者はこういう映画は観に行かないんですかね。


↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
↑↑ランキングに参加してます。1日1クリックお願いします!

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

fujimoto

Author:fujimoto
弁護士の藤元達弥です。
東京都新宿区にある藤元法律事務所の代表弁護士をしています。
刑事事件、外国人に関する法律問題、交通事故、離婚、相続、債務整理、消費者問題、企業法務、不動産関係、債権回収など、多様な案件を取り扱っています。

藤元法律事務所
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-4-1
新宿Qフラットビル801(新宿御苑前駅から徒歩5分)
TEL 03-5925-8173
FAX 03-5925-8174
法律相談の電話予約受付中。
お気軽にご相談ください!

アクセスカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。